薄毛で悩む女性が増えている

###Site Name###

薄毛と言えば、男性の悩みという印象が強いですが、近年では女性も薄毛に悩んでいる人が増加しています。

年齢を重ねると老化により薄毛になってしまいますが、そうではなく20代から30代の若い女性が薄毛になる場合もあります。

今回は若年性脱毛症について説明します。

若年性脱毛症とは、髪の毛のヘアサイクルに何らかの異常が発生して正常な働きをしないことで起こります。
ヘアサイクルが乱れてしまうと、サイクルの途中で抜けたり、細くなってしまったり、毛穴から生える本数が減ります。そうなると髪全体のボリュームが無くなり、薄くなってしまうのです。

原因として考えられるのは、無理なダイエットをすることです。

過度な食事制限をしがちですが、そうすることで髪の毛に必要な栄養素が摂取できなくなり、髪の毛の成長に重要な役割を果たしている女性ホルモンのバランスも乱れてしまいます。

他にもストレスや自律神経の乱れを招いてしまいますので、バランスの良い食事と規則正しい生活を送ることが大切です。
またパーマやヘアカラーを頻繁に行ったり、スタイリング剤を過度に使用すると、毛根や頭皮を傷つける恐れがあります。



オシャレを楽しむのは大切ですが、パーマなどは2ヶ月程度時間を置いてから行い、スタイリング剤はしっかり洗い落としましょう。尚、シャンプーをする際は、ゴシゴシと乱暴な洗い方をしてはいけません。

ブログの価値ある情報を探してみてください。

洗顔する時と同じ感覚で優しく洗いましょう。シャンプーは頭皮と同じ弱酸性の商品を選ぶと刺激を抑えることができます。

女性の薄毛の原因のお得情報を公開します。

若いからと言って油断していると薄毛に悩むことになりますので、日頃から頭皮の状態に注意して生活するようにしましょう。